読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッバイ! フィデル!!

飽食とネオンと

見えないところには大きな空っぽ

そんな現代社

 

何言うのも自由だけど

言葉を乗せた天秤は片方にぐらついていた

これも見えないものだから

この星の叫びも

飽食とネオンに口と目と

ついでに耳も塞がれ

見えない聞こえないそして

言えなかったの

 

天秤は誰もが胸に隠し持ってる

だけどだけど不思議と

すべての天秤が糸でつながってる

もちろんその糸も見えないわ

最高機密トップシークレット特定秘密だわ

 

ねえフィデル

私は今も若いけど

もっともっと若い頃

あなたを知った私は

少しだけ秘密の穴

覗いた気分だった

 

ねえフィデル

髭もお似合い

葉巻もお似合い

だけれど秘かに思うのは

その軍服が一番お似合い

 

分かってる

あなたは私の天秤

もう片方に振り切らすこと

それはできなかった

やっぱりちょっと

軍服が似合いすぎたのが原因ね

だけれど秘密の穴覗いたら

滑稽なくらい眩しい光も見えたの

 

ドラマで見たスーパードクターの腕の見せ所は

あなたの国の眩しい海が運んだのね

今も本当に運んでるのね

 

ねえフィデル

私は少し年取って

でもまだまだ若いから

この星のお話や空想を

頭の中のラジオの乗せて

いっぱいいっぱい聞かせてあげる

 

ねえフィデル

向こうはいかが?

チェは元気?

マンデラさんは?

いいわね

友達との再会

 

さすがのあなたでも見通せなかった世界

それが私はあると思う

摩天楼の下に

そして私のいるところに巣食う現実

 

飽食は飢餓を喰らわすためか

生活は死体を製造するためか

ほんの少しずつほんの少しずつ

叫びも掛け声も

塞がれた耳から聞こえてくる

糸も振動

意図の動揺

 

死体隠す

燃えるマリー・クワント

 

ねえフィデル

バイバイフィデル

私は空っぽ

 

ねえフィデル

バイバイフィデル

胸の奥が拒食症

 

バイバイフィデル

バイバイフィデル

 

平行な天秤